Joy 3.0 -ミラーワールドにおける幸福の構築

  • {Published}

圧倒的な感覚をもたらすサウンドスケープと気分を高揚させるハプティックス(触覚技術)、ドーパミンの分泌を促すようなカラーが、ミラーワールドで喜びと幸福感を生み出します。

Mo Eid

バーチャル・リアリティがメンタルヘルスを向上させるという考え方があります。2021年の段階でMetaによるメタバースへの大規模な投資が進んでいましたが、当時、FastCompanyはそうした3.0時代のメンタルヘルス産業の急成長に疑問を投げかけていました。それから2年、メタバースはまだ黎明期ですが、バーチャルな世界にメンタルヘルスのアプリケーションを展開しようとする企業の数は急増しています。バーチャル・リアリティが気分や行動にどのような影響を及ぼすのかについての研究も本格化し、統合失調症の治療法としてテストされているほどです。

メンタルヘルスとの関わりにおいて、アプリの開発者やデザイナー、顧客体験を提供するメーカーは、多くの場合、サウンドスケープ、ハプティック・フィードバック、そしてカラーという3つの感覚的な要素に注目しています。

サウンドスケープ

神経を集中させたり、情景をイメージさせるなど、感情に作用する重要な要素で、例えば、雪を踏むずっしりとした音や和紙が震える繊細な音などを忠実に再現する一方、宇宙の音といった抽象的な音 (一体、宇宙の音とはどのようなものでしょう) をも表現する方法として、3次元での体験の質を高めるサウンドデザインは今後ますます注目されていくでしょう。 この分野への投資が拡大していることを証明するように、アイスランドのディープテック企業Treble Technologiesは、実世界でのアプリケーションのためのサウンドシミュレーションと、メタバースへの超リアルなオーディオサウンドスケープの提供を専門としており、800万ユーロを調達しました。

ハプティック・フィードバック

ハプティックは業界で急成長している分野であり、近い将来、ミラーワールドを成功させるために欠かすことのできない要素として、認識されるでしょう。アクセサリー(例:ハプティック・グローブ)や携帯電話機(例:ハプティック・ドライブ)から発生する振動を利用し、触覚を刺激してバーチャルに体感させます。VRやARを使って感覚を呼び覚ます研究プロジェクトや実験的な製品は多数存在し、ハプティックグローブの中には、空気圧を利用したHaptX Gloves G1や人工腱を利用したSenseglove Novaなど、すでに産業界で利用できるほど進化しているものもあります。

カラー

リアルと非現実の両方のデジタル体験において、「喜びとドーパミンを誘発する明るい色」が見られるようになることを、以前、ミラーワールドのカラーに関するレポートでも述べましたが、カラーは重要な分野です。WGSNとToppan Geminiの共同プロジェクトチームは、11月にロンドンで開催されたUniversal Everything Life formの展示会に参加し、あふれるような色と素材が命を吹き込まれ、さまざまな形に変化しながら異世界からのデジタルキャラクターのように展示会場内を歩き、踊るのを目の当たりにしました。これ以外にも注目しておきたいのは「TRIPP」。これは、呼吸法に合わせて脈打つサイケデリックな映像が流れる瞑想アプリです。

Rodnae Production

ミラーワールドとAR/VRアプリケーションは、こういった要素を組み合わせ、魅惑的な世界や心を震わせるような体験をすでに数多く提案しています。ユーザーに新しい喜びの表現方法とウェルネスをもたらすことでしょう。

Article powered by WGSN.com

Co-created by

  •  WGSN

    WGSN

    WGSN

    WGSNは世界をリードする消費者トレンドフォーキャスターです。正確な予測からグローバルなトレンドインサイトを導き出し、専門家がキュレーションしたデータと業界で培ったノウハウをもとに、クライアントが消費者の行動とライフスタイルを理解し、自信をもって作り上げた製品を適切なタイミングで市場に出せるようサポートします。

Share

  • Copied!

Discussion

Archives

Recommend Recommend Recommend Recommend Recommend

  1. 建築家・重松健×アート企画プロデューサー・杉山央が語る、創造的な都市の景観(後編)

    建築家・重松健×アート企画プロデューサー・杉山央が語る、創造的な都市の景観(後編)

    建築家・重松健×アート企画プロデューサー・杉山央が語る、創造的な都市の景観(後編)

    建築家・重松健×アート企画プロデューサー・杉山央が語る、創造的な都市の景観(後編)

  2. <strong data-src=身体が変わるとどうなる? アバターが再構築する人格と振る舞い『GEMINI Laboratory Meetup vol.2』レポート" />

    身体が変わるとどうなる? アバターが再構築する人格と振る舞い『GEMINI Laboratory Meetup vol.2』レポート

    身体が変わるとどうなる? アバターが再構築する人格と振る舞い『GEMINI Laboratory Meetup vol.2』レポート

    身体が変わるとどうなる? アバターが再構築する人格と振る舞い『GEMINI Laboratory Meetup vol.2』レポート

  3. <strong data-src=ミラーワールドにおける注目カラー" />

    ミラーワールドにおける注目カラー

    ミラーワールドにおける注目カラー

    ミラーワールドにおける注目カラー

  4. メタバースを肌で感じる  ー日常使いできるスマートテキスタイルへの期待ー

    メタバースを肌で感じる  ー日常使いできるスマートテキスタイルへの期待ー

    メタバースを肌で感じる  ー日常使いできるスマートテキスタイルへの期待ー

    メタバースを肌で感じる  ー日常使いできるスマートテキスタイルへの期待ー

What Is
“mirror world”...
What Is
“mirror world”...
What Is
“mirror world”...
What Is
“mirror world”...
What Is
“mirror world”...

PROJECT GEMINIとは?
TOPPANが提唱するミラーワールドの形。

Go Down Go Down Go Down Go Down Go Down
The Rabbit The Rabbit The Rabbit The Rabbit The Rabbit
Hole! Hole! Hole! Hole! Hole!

不思議の国へようこそ!あなたもPROJECT GEMINIに参加しませんか?

現在サロン、イベント参加者募集中です。
プロジェクトに共感する人同士でつながるDiscordサーバーも運用中です。